スポーツ外傷

 

スポーツによる関節の損傷・痛み

スポーツ外傷

 

 

 

スポーツによる筋肉の損傷・痛み

スポーツ外傷

 

 

 

 

 

電気治療について

肩こり 鍼 パルス

人間の体と電気、一見全く関係なさそうな話ですが、実は私たちが「物事を考え、記憶し運動する」といった活動を行うとき、体には微弱な電気が駆け巡っています。
この電気の流れが滞ると、人の活動には重大な障害が生まれますが、逆にそれにたいして適正な電気刺激を加えることが痛みを軽減することに活用されています。

 

当院では、さまざまな種類の電気を使い分け、患者様の症状にあった電気治療を行っております。

 

接骨院/鍼灸/交通事故/接骨院/鶴見区/スポーツ/怪我/早期回復/リハビリ/接骨院/豊岡町/接骨院/交通事故/接骨院/整骨院/ほねつぎ/スポーツ/怪我/早期回復/リハビリ/スポーツ外傷/野球/ラグビー/サッカー/バスケ/捻挫/肉離れ/軟部組織損傷/


電気治療の種類

当院では特に下の3つの電気治療を使用しております。

 

高電圧電気刺激療法(Hi-Voltage)
高電圧電流は150V以上の電圧を加えることで、皮膚に抵抗を与えず深部組織まで到達し、筋肉の深部までの筋肉の緊張の改善・疼痛の軽減に効果が期待できます。

 

神経筋電気刺激療法(EMS)
骨格筋、運動神経に中周波電気刺激を加えて筋の収縮を引き起こし、筋力トレーニングを行う電気療法です。
関節に負担をかけずに、筋肉へ刺激ができるのが特徴です。
関節などに水腫がある方は筋肉のポンプ作用で水腫の改善が期待できます。

 

微弱電流療法(Micro Current)
微弱な電気を外部から通電することで、治癒力をアップさせる治療法です。
損傷を受けた組織の修復を促進させますので、骨折や筋肉、靭帯の損傷治癒の早期回復に効果が期待できます。

超音波治療

肩こり 鍼 パルス

当院ではスポーツ外傷などに超音波治療を使用しております。

 

超音波は人間には聞こえない高い周波数の"音"
これを治療に応用したものが超音波治療です。

 

 

超音波療法の特徴

 

立体加温効果
超音波は体の組織に吸収される際に生じる熱で、温熱作用を発生させます。
この熱は体の深部に進む過程で生じるので、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。

 

ミクロマッサージ作用
超音波が体の深部に進むにつれて高速の振動が伝わり、1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果を発揮します。
超音波エネルギーを深部に直接与えることが出来る為、患部をしっかりと治療することができます。


手技療法

試合前ではベストコンディションに仕上げ,試合後では疲労を素早く解消することができます 、また鍼には鎮痛効果や血流促進作用がありますので,JOCドーピング規定により鎮痛剤や感冒薬などの薬物を服用できない選手の体調管理及び治療についても対応しております

ホーム RSS購読 サイトマップ